第1回テレコーラスアワード 結果発表!

8/10【テレコーラス・プロジェクト】にて第1回テレコーラスアワード、テレコン入賞作品の結果発表がありました。
「JVSJクワイア」がエントリーした“コロナのせい”「Blame It On the COVID19 日本語版 feat. JVSJ」は、残念ながら入賞は逃しましたが、この曲の本家であり、編曲と作詞の中山義恵さんが所属するグループ、「UNIVOZ」が歌う英語版「Blame It On the COVID19 feat. UNIVOZ」が栄えあるグランプリを受賞されました!さらに、審査員賞佐藤賞1位、一般賞音楽性部門1位、エンタメ部門6位という快挙です。
佐藤先生は、「アレンジ、歌詞(替え歌)に新たなメッセージを出していてオリジナル性が高い、抜群に演奏能力が高い、PVとしてのクオリティが高い、エンターテイメント性が高い」、本山先生は、「このコロナ禍の状況が創造力を生み出したというのが今回選ばれた大きな理由」と大絶賛でした。
改めて、日本語版に挑戦できたことをとても嬉しく思います。
米国ロサンゼルスで活躍している若手の音楽家である中山義恵さんは、英語版の動画をみて興味を持ったJVSJのために、快く日本語版の作詞を引き受けてくださいました。この場を借りて御礼申し上げます。
おめでとうございます!!

Share:
©JVSJ - Jazz Vocalist Society of Japan