withコロナの合唱練習へのアイディア

ミシェル・ウィアーによるwithコロナの合唱練習へのアイディア

2016年・2018年にJVSJワークショップの講師として招聘したミシェル・ウィアーさんが、この6月に投稿された文章をご紹介します。アメリカの教育現場でのジャズ合唱に関連し、コロナ禍での授業・練習の進め方についてアイディアを紹介されています。日本の多くの合唱団にも参考になる内容です。

2020/6/10 Facebookグループ《Vocal Jazz Educators》への投稿

訳 木場義則

この秋からのジャズ合唱教育のための7つのアイディア

(長文失礼!)

最近、この秋からのジャズクワイアの展望について指導者の友人たちと長い議論をしていますが、学校によっては秋学期、あるいは一年を通してアンサンブル活動を休止したいと考えている場合もあることを知っています。私たちはぜひ、そうならないで欲しいと考えています。
これらの議論の中から、私はオンライン・ボーカルジャズ・アンサンブルにしっかりとした教育的価値を見い出すための一連のアイデアを整理してみることにしました。以下のポイントはこの秋、アンサンブルを継続するか否かの議論の助けになるかも知れません。

まず、秋にはコンサートのリハーサルはあまり行わず、来年または春以降になるかもしれないことを仮定して話を進めましょう。

■概念を再定義する
名称を「ヴォーカルジャズアンサンブル」から「ヴォーカルジャズアンサンブル技法」(またはジャズコーラス技法)に変更するなど、名称やコンセプトの転換を考える。
一つの考え方を変えるだけで、実行可能な選択肢が広がる可能性があります。”アンサンブル”という名称ではありますが、今はこの先来るべきリハーサルとパフォーマンスのへの準備として、”技術や経験を獲得する”ために時間を使っていると考えることもできます。

■「ヴォーカルジャズアンサンブル技法」カリキュラム内容の提案
ここでは、将来のリハーサルや公演へ向けた予習として、本当に役立つ内容のアイデアをいくつかご紹介します。

1. リーディング
基本的な読譜から始めるのも良いでしょう。例えばソルフェージュや音階の数字唱、ジャズコーラスの8小節程度のパッセージを歌ってみます。すべての歌手がソプラノの旋律を(自分の音域で)、さらにアルト、テナー、ベースが読めるようになる可能性があります。スイングであれば、最初はリズムや歌詞を話す(リズム読みする)ことができます。バラードから始める、スイング曲やパッセージをやる、ボサノバをやる、準備ができたら5パートや6パートの和音唱に入る。などなど。

2. セオリー(歌って覚える)
ジャズのコードネームを学び、数字(1, 3, 5, b7, 5, 3, 1…)によるアルペジオで歌います。 イヤートレーニングのクイズ(このコードのタイプは何か?)。その後、簡単な「4 way Close Voicing(四声密集)」のハーモニーを歌ってみます。”私はどのパートを歌っているのか?根音?第3音?”。さらに、テンションコード(9,11,13など)、転回形などに発展します。そして更に、編曲の抜粋を勉強します。“どうしてこのコードは音が取りづらいのでしょうか?” “これはオープンボイシング or クローズドボイシング?” “どの2パートが最も不協していますか? それは何故?” などなど。
(数年前、私はカリフォルニア州立ロングビーチ校のボーカルジャズグループを指揮していましたが、ウォームアップの一環として、音符を弾いてからパートを割り当てるエクササイズをやっていました。”ベースは3rd、テノールは♭7th、アルトは9th、ソプ2は♯11、ソプ1は13… ウーで歌ってみましょう。これはとても効果がありました。)

3. リスニング
すべての音楽レッスンには、ガイド付きの”リスニング”が含まれるべきではないでしょうか。 始めに、 “これを好きか?” や “どんな印象を受ける?“ といったテーマで聴いてみましょう。2度目は、”それはエレクトリックベースかアコースティックベースか?”、”イントロは循環コードか?”などを聴いてみます。3度目は、”彼らはどのようにビブラートを使っているのか(使っていないのか)? 音色は? 様式的な抑揚は? フレージングは? 会話の仕方、ブレンドの仕方、バランスは?” などをテーマに聴いてみましょう。
アーティストの歴史や音楽的背景を探求するための、ジャズ鑑賞会のような活動も可能でしょう。

※www.MusicHabit.comの「リスニングレッスン」の記事もご覧ください。

4. リズムワーク
様々なトラック(ジャズ、ファンク、ブラジリアン、4/4、2/2、ジャズワルツなど)を聴いてみましょう。どんなリズムグルーブでしょうか。四分音符を叩いてみましょう。八分音符をリズムにのせてドゥーバーなどで喋ってみましょう。スウィングしていますか?シャッフルしていますか?リズムだけで読む練習をすることができます。 スイングしているものを8分音符ストレートにしてみましょう。これらの運動をしながら、足踏みやタップをテンポよく行うことができますか?などなど。

5. パート学習
パート毎に練習しましょう。声部(S, A, T, B)毎にオンラインのセパレートルームに分かれて、パートリーダー中心に練習してみましょう。レパートリーの一部分を抜粋し、評価と採点のためのチェックポイントを用意します。パート音源を使用するのも良いでしょう。
※ケリー・マーシュやジェレミー・フォックス等の編曲者が音源を用意しています。musichabit.comのKerryのクラス “Online Skills for Vocal Jazz Ensemble “や、彼のウェブサイトkerrymarsh.comの”SkyTracks “も参考にしてください。

6. ソロ・シンギング/ヴォーカル・インプロヴィゼーション(即興)
これらはジャズ合唱団としての経験の、重要な一部ではないでしょうか?リハーサルの時間は決して充分ではありません。でも今は時間があります。授業の一環として、録音物を聴いたりヴォーカルソロの歌唱法の練習をしてみましょう。全曲でなくても、初心者には16小節くらいの曲を覚えてもらいます。 また、クラスの一部としてスキャット唱のウォームアップを取り入れてみてはいかがでしょうか?多くの教材が揃っています。

7. バーチャル合唱団
そして最後になりましたが、もちろんこれも素晴らしいオプションであり、合唱団での音楽経験をシュミレーションするためには最良の方法です。既に多くの情報があり、入手も可能です。既に皆さんも試みたかも知れません。バーチャル合唱を、学期末に1曲を成果物として完成するだけでなく、可能なら短い一部分でもいいので学期中の活動の中に取り入れてみてはどうでしょうか。
必ず、最終的なコンサートの音楽をより素晴らしいものにしてくれるでしょう。

これがお役に立てば幸いです!
Michele Weir

多くの合唱団が今後のあり方を模索する中、どう乗り切るかは世界共通の課題のようです。コロナ禍は自分たちの活動を見つめ直す機会ともなっているのではないでしょうか。様々な科学的知見を参考に慎重に進めると同時に、「今だから出来ること」への取り組みに視野を広げるのも大きな価値がある筈です。

木場義則(合唱指揮者)

《原文》

7 PEDAGOGICAL OPTIONS FOR JAZZ CHOIR IN THE FALL
(Long post alert!) Have recently been having some long conversations with director friends about the outlook of jazz choir in the fall, and am aware that in some cases your school may be wanting to X out your ensemble for fall semester or even the whole year. We don’t want THAT to happen.
Out of these conversations I somehow ended up organizing a set of ideas for working with online vocal jazz ensemble in a way that provides solid educational value. The points below can potentially also serve to be arguments FOR continued ensemble in the fall.

First, let’s make the assumption you won’t be rehearsing live much or at all in the fall, but might be in the spring (or certainly next year.)

REFRAME THE CONCEPT
Consider a shift in the name and concept, changing it from VOCAL JAZZ ENSEMBLE to

VOCAL JAZZ ENSEMBLE SKILLS
(or JAZZ CHOIR SKILLS)

Just that one mind set shift offers much more promise for viable options! It IS an ensemble, but you’re working now to gain skills and experience in prep for rehearsal and performance down the road.

VJ ENSEMBLE SKILLS: COURSE CONTENT OPTIONS
Here are some ideas for genuinely useful content areas that also serve to prep your choir for rehearsals/performance down the road:

1. READING
Might start with basic sight reading – solfege or singing notes on numbers of the scale. Then move to jazz choir passages, like an 8-bar passage, or more. ALL singers can potentially read sop (in their own range,) then alto, tenor, bass. If it’s swing, can speak (read) rhythms/ lyrics only at first. Start with a ballad, do a swing tune or passage, do a bossa, break into 5-part or 6-part chords when ready. Etc, etc

2. JAZZ THEORY (Learn it by singing it)
Learn the jazz chord types, then arpeggiate them on numbers (1, 3, 5, b7, 5, 3, 1.) Listen – do ear training quizzes (What is this chord type?) Then start in on vocal group voicings – simple 4-way close chord voicings (what part am I singing? Root? Third?) Then sing (with associated ear training also) the extensions (9, 11, 13 and their alterations). Then inversions and other voicing types. Study excerpts from arrangements, “why is this chord hard to tune?” “Is this an open or closed voicing?” “What 2 parts have the most dissonance and why?” etc. etc.  (I directed the vocal jazz group at Cal State Long Beach years ago and as part of warmups I’d play a note then assign parts: “bass on 3rd, tenors b7th, alto 9th, sop II #11, sop I 13 – sing on oo’ “. Worked great – got them thinking/hearing/singing but took some education first.)

3. LISTENING
Shouldn’t all music lessons include guided listening? Listening for #1, “do I like it?” and “how does it make me feel?” Listening for #2, “is that electric or acoustic bass?” and “is that a turnaround progression on the intro?” Listening for #3, “how are they using [or not] vibrato?” “tone?” “stylistic inflection?” “phrasing?” “conversationalism? how’s the blend? balance?” Can also explore the history and musical background of the artist, making it sort of a jazz appreciation activity. Please see ListeningLessons classes at www.MusicHabit.com

4. RHYTHMIC WORK
Listening to different tracks (all kinds – jazz, funky, brazillian, 4/4, 2/2, jazz waltz, etc etc.) What is the groove? Tap the quarter note. Speak in rhythm the 8ths on doo-ba – are they straight? Swung? Shuffle? Could do reading exercises with rhythms only – in swing feel then in straight 8ths – the same exercises back and forth. Can you STEP or tap in tempo while doing these activities? Etc etc

5. PARTS LEARNING
Yes – learn parts to arrangements. Send different voice part sections (S, A, T, B) to separate online rooms to rehearse – assign a section leader. Use excerpts from your repertoire, have note texts for evaluation and grading. Use parts tracks (available with Kerry Marsh, Jeremy Fox and others. Also see Kerry’s class “Online Skills for Vocal Jazz Ensemble” at musichabit.com and Kerry’s new project, “SkyTracks” available at his website kerrymarsh.com.)

6. SOLO SINGING / VOCAL IMPROVISATION
This is part of the jazz choir experience, right? And there’s never enough time in rehearsals. But NOW there is. As part of class, spend some time listening to recordings, and practicing vocal solos. (Singers of course need to have accompaniments in their location.) Doesn’t even have to be a full song, you can have newbies learn 16 bars of whatever, to get the experience.  And scatting – why not scat singing warmups as part of class? There are actually a lot of materials available – MusicHabit.com has classes by Rosana Eckert, Aimee Nolte and soon will have MusicHabit Workouts (a series of scatting and other exercises based on different tunes) which will be built for use in the classroom. Also there are others doing online classes of different types.

7. VIRTUAL CHOIR
And last but not least – of course this is also a great option and probably is the best way to simulate a live jazz choir singing experience. Of course there is a ton of info about how to put these together online, easy to find now and you’ve probably already done it. Consider though doing the virtual choir thing not only as an end of semester single song. If possible, consider doing some SHORT excerpts first, early on as a regular part of your activities during the semester. Should make the final ‘concert’ song or songs stronger.
Hope this was helpful!

Michele Weir

Share:
©JVSJ - Jazz Vocalist Society of Japan