ChorusJAM 2019 講評者紹介

内堀 勝(うちぼり まさる)

作編曲家。東京都出身。高校でトロンボーンを始め、大学生の時ジャズ理論を渡辺貞夫氏に師事。
卒業後はプロとして活躍。その後、奨学金を得てボストンのバークリー音楽大学作曲科に留学。
帰国後はフリーのアレンジャーとして、ジャズ、ポップスだけでなく、
歌謡曲やテレビのCF、クイズ番組の音楽まで幅広く活躍している。
同時期に17名編成の内堀勝ビッグバンドを結成。現在まで不定期にコンサート、ライブ活動を続けている。

志田 雄啓(しだ たけひろ)

テノール歌手。東京芸大卒。同大学院オペラ科博士課程を修了し、博士号を取得。
第74回日本音楽コンクール声楽部門第1位。
松下賞、五島記念文化賞オペラ新人賞受賞、ニューヨークで研鑽を積む。
留学中、アッカディアオペラコンクールに入選。カーネギーホールへデビュー。
N響、東フィル、読響、他と共演。オペラ「黒船」で新国立劇場にデビュー。

Share:
©JVSJ - Jazz Vocalist Society of Japan