ジャズボーカル指導法、ジャズレパートリー導入講座

10月5日は、プライベートレッスンに加えて、指導者向けの講座が2つ行われました。
少人数での講座とし、指導者の方により深く学んでもらうことを目標としています。

和やかな雰囲気で、セッティングと打ち合わせが進みます。

そして講義が始まりました。

当然ですが、専門的な話から入っていきます。

通訳の方はどの講座でもついていて、指導者向けの講座も例外ではないのですが、
英語が使える指導者の方も多く、通訳を通さないで直接話す場面もよくありました。
お互いが思うこと、考えることなどを英語で議論していくような場面も。

ウィアーさんの指導に身振り、手振りが加わり、熱が入ります。
英語はよくわからないジャズ子ですが、それでも見ているだけで熱意が伝わって来て、
今までとは全く違う空気で講義が進んでいるのがわかります。
聞いているみなさんも真剣です。

今回参加してくださった方は、全国から参加してくださっています。
講義が終わっても、ロビーでお互いに議論や情報を交換していていらっしゃいました。
ウィアーさんの講義はもちろんですが、指導者の方同士でも話し合える、貴重な機会だったと思います。
こういう企画もこれから増やしていきたいと考えています。

Share:
©JVSJ - Jazz Vocalist Society of Japan