第1回 ソロボーカルのためのミニワークショップ&オープンマイク

JVSJの春は、この企画からスタートです!

ジャズを歌うにあたって、もっと気軽に学べる場を作りたい、ということで、
参加できるタイプのワークショップを開催します。

勉強していて困ることの1つに、
「マイクを使って、実際のステージで歌うとどうなんだろう」
ということはありませんか。
レッスンのときはともかく、自分で練習したいと思っても、
マイクでステージって、なかなか難しい…。

そこでこの企画です。
オープンマイクといって、ステージで歌えるイベントつきのワークショップなのです。
入ってくる際にチャージ料金を払うだけ。
あとは司会が順番に名前を言ってくれるので、自分の番が来たら歌います。
申し込んだ方ならどなたでもステージで歌えますよ♪

実際にステージで、プロのピアノと歌ってみることで、たくさん学ぶことがあります。
一人で歌うよりもいろんなことに気がつけますし、何より楽しい!
事前のミニ講座では、よりよく歌うためのコツもお教えします。
今のところ、開催はほぼ月一回で、9月まで決まっていますので、
続けて受講することにより理解が深まるプログラムになっています。

発表会の前、自分の練習のため、
もちろん、ステージで歌を楽しみたいとき。
使い方は自由です。どんどんご参加ください。

第1回 ソロボーカルのためのミニワークショップ&オープンマイク

<日時>6月14日木曜日

<会場>小田急線成城学園前 カフェ ブールマン

<タイムテーブル>
17:00〜 オープン
17:15〜18:20 ミニ講座/ステージで歌うための一歩を実践してみよう!
18:30〜19:45 オープンマイク/実際に歌ってみよう

<料金>
ミニ講座 ¥2000
オープンマイク ¥3000
両方参加 ¥4500(飲み物はオーダーです。食べ物は持ち込みOKです。)

<申し込み方法>

参加ご希望の方は、以下の項目をコピーしてご記入いただき、workshop@jazzvocalist.jp までメールをお送りください。
譜面の都合上、募集締め切りは6/10とさせていただきます。ご注意ください。

1.お名前
2.メールアドレス
3.ご住所
4.当日、ご連絡のとれる電話番号
5.希望する講座

*オープンマイクに参加希望の方は、スタンダードナンバーから1曲を選び譜面を2枚(1枚はピアノ用)お持ちください。
歌い慣れたシンプルな曲がおすすめです。

ご質問などもあればお書きください。土日を除く、一週間以内にご返信をさしあげております。
また、指定日数以内にJVSJからメールが来ない場合は、お手数ですが上記のアドレスまでご一報いただけると助かります。

講師紹介


三橋りえ(Vocal)

大学入学と同時にマーサ三宅に師事。在学中から都内のライブハウスやホテルのラウンジでプロ活動を始める。その後、藤田正明(GT)カルテット、原信夫とシャープス&フラッツ等と活動する。この間にNHK・FMのジャズ番組「セッション」(現在のセッション505)やNHK教育TVに、原信夫とシャープス&フラッツや豊岡豊とスウィング・フェイスと出演。また高橋達也と東京ユニオンとも共演する。多くのミュージシャンとの活動する。 2002年CD“Two For The Road”をリリース。 2005年より昭和音楽大学及び短期大学ポピュラー科講師、同音楽・バレエ教 室の講師を努める。 2009年CD“A Time For Love” 、2014年CD”Fascinating Rhythm”をリリース。 ステージ、特に大編成のJazz ビッグバンドにてのスケールの大きなステージを展開できるボーカリストとして、全国各地のコンサート、ライブ活動を展開している。近年は新宿と多摩京王プラザホテルのディナーショーを開催し好評を博している。生涯現役を合い言葉に、日本におけるジャズボーカリストの更なる成長を目指している。 2015年に一般社団法人 日本ジャズボーカリスト協会を設立し、”花は咲く” “翼をください” の世界初のジャズアレンジの楽譜を出版する。

守屋純子(Piano)

早稲田大学卒業後、ニューヨークのマンハッタン音楽院修士課程修了して、アメリカ・ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。 2005年に、“Points Of Departure”が、第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞する。同年ジャズでは最も権威のあるセロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人としてまた女性として初優勝の栄誉に輝き、ワシントンのケネディーセンターにて受賞曲を演奏し日米で話題を呼ぶ。 2008年、米“モンタレージャズフェスティバル”に自己のカルテットで出演、サンフランシスコ・ロサンゼルス公演、フランス・ツアーを行う。2009年再びフランス・ツアーを行い、ロシア・サンクトペテルブルクでも公演。2015年、家康公顕彰400周年を記念して、岡崎市に委嘱を受けた<徳川家康公ジャズ組曲>を中心とした8枚目のアルバム<Play For Peace>を発表。教育活動にも熱心で、尚美学園大学・昭和音楽大学で後輩の指導にあたる他、“山野ビッグバンドコンテスト”“浅草ジャズコンテスト”等の様々なコンクールの審査員や、全国の小中高生のためのビッグバンドの指導なども行なっている。2013年以降は、米国モンタレー、オーストラリア・パースなど、海外でも学生を指導している。

Share:
©JVSJ - Jazz Vocalist Society of Japan